妊娠初期 おなら

おなら諦めていませんか?腸内環境改善で解決出来ます!!
25日間の全額返金保証付きは自信があるから
  公式サイトは以下の画像をクリック!



妊娠初期のおならの3つの原因!!

妊娠したら急におならが止まらないほど出る!しかも臭い!
なんて悩み聞いたことや経験ありませんか?

 

妊娠初期の症状に多いのがおならが妊娠前より多くなることです。
多くなるのもそうですが妊娠中のおならは臭いも増しています。

 

特に妊娠6週目におならが多く出るようになった妊婦さんが多い
ですが人によっては妊娠2〜3週目の妊娠超初期にも
おならが出やすくなることもあります。

 

これはやっぱりどうしようもない生理現象なんですが、
全ての人が妊娠したからといって、おならが出やすくなると
いうわけではありませんが、多くの人がおならに悩まされています。

 

ここでは妊娠初期のおならについて原因をお伝えしたいと思います。

 

 

妊娠初期のおならの原因

妊婦さんは体の変化によってガスが発生することに
よっておならが出やすくなっているということです。

 

主に以下の3つの体の変化が妊婦さんのおならが多くなる原因になります。

 

黄体ホルモンの分泌(ホルモンバランスの急激な変化)

 

妊娠して受精卵が子宮に到達する(着床)ことで
黄体ホルモンが多く分泌されることになります。

 

この黄体ホルモンは受精卵を傷つけないため子宮収縮を抑える
働きがありますが、同時に腸の動きも鈍くさせてしまいます。

 

そのおかげで子宮の筋肉が収縮してしまって流産すると
いうことが防げるのですが、同時に胃腸の筋肉の働きも
弱り便秘になることもあります。

 

このプロゲステロンの影響で便秘になったり、おならが
発生しやすくなるようです。
すると便も腸内に停滞してしまい、便秘になりその便が
腐敗することでおならが増えます。

 

子宮に水分をとられる

また子宮に水分を溜めこもうとする働きがあり、
腸内の水分も子宮に奪われてしまい腸内は水分不足に陥ります。
おならが出やすくなることもあります。

 

そして、おならというのは、ガス状の気体になっていますが
実は一定数は水分に溶け込むこともあります。

 

そのため腸内の水分が少なると、水に溶けていた分の
ガスがおならとなるため、おならの総量も多くなるわけなんですね。

 

胎児が大きくなっていくほど取られる水分も増えていくので、
妊娠後期になるほど起こりやすい現象のようですが、
妊娠初期でも起こり得ます。

 

また、おならを我慢するとさらに便秘がちになってしまいます。

 

骨盤の歪みと血行の悪化

 

また妊娠初期は骨盤の歪みが生じてしまいがちです。
すると腸をうまく支えきれずに、腸が他の臓器に
圧迫しまいがちです。

 

腸が圧迫されていると便もうまく排便できずに溜まり
便秘になってしまいますし、おならも多く発生してしまいます。

 

妊娠してお腹が膨らむことによって、下肢や骨盤部の血液が
心臓に戻りにくくなるそうです。

 

それまで臓器を支えていた骨盤にゆがみが生じたりずれたりすることで、
骨盤の血流が悪くなり、腸の動きが悪くなって便秘が起こり、
溜まった便が発行してガスが溜まったり発生しやすくなることもあります。

 

おなら我慢するとどうなるの?